塗装の基礎知識

こんにちは(^^)

今回は、塗装の基礎知識として 「塗替え時」 についてお話しようと思います。

家を新築している方なんかは知っている人もいるかもしれませんが、ハウスメーカーなどがよく「10年点検」なんていう名目で訪問してきますよね。

彼らの仕事は、そこで 何かしらの売り上げを作ること なので

塗替えのタイミングではないのですが、多くの方がここで塗装を行う傾向があります。

しかし、10年という期間は保証期間であり

大掛かりな工事をするタイミングではありません。

⇧ ここ大切です。

震災等の災害が無い限り、大丈夫なように出来ています

 

施工時(新築時)の建築資材の※品質(品質についてはのちほど)にもよりますが、おおよそ15年が目安でいいと思います。

分譲で一斉に建った住宅地に、10年経つと営業マンたちが飛び込んできますが、焦ることなく対応して大丈夫です。

最後までお読みいただき有難う御座いました。

自分でも出来る!外壁診断

こんにちは(^^)

前回 外壁塗装を成功させるために をご紹介しましたが

やはり、業者や職人さんの言うことを全て真に受けるのはちょっと、、と言う方

「自分でも少しは解るようになりたい!」という方のために

ポイントを幾つかご紹介しようと思います。

 

成功させるためには

「状態を把握する」ことが重要です。

 

自分でも出来る外壁診断として

まず

1、外壁のひび割れ

建物が地震の揺れなどで亀裂が入った状態です。

ヘアークラック(髪の毛ほどの細いひび割れ)程度であればさほど問題ではないと思います。(あまりにも多い場合は専門家に聞いてみましょう)

それ以上の大きなひび割れがある場合は、雨水侵入の危険や、その他に影響を及ぼす可能性があるので、早めの対策が必要になります。

 

2、コーキングの割れ

住宅の場合、大体1㎝程度の厚みでコーキングが打ってあります。

サイディング外壁やALCなどの場合は版間(サイディングとサイディングの繋ぎ目)に打ってあります。あと冊子廻りなどですね。見ても分からないという場合は、触ってみましょう。

多少弾力があればコーキングだと推測できます。

これが割れると結構厄介です。とくに20~30年以上前の建物は要注意。

近代に近づくほど、コーキングレスであったり、コーキングが多少割れてもその後ろで何とかなるんですが、古い建物は割れると建物に打撃を与えるので注意が必要です。

 

ポイントとしてはまだまだありますが

上記

1、外壁のひび割れ

2、コーキングの割れ

これだけは押さえておくと見積りを取る際に役に立ちます。

 

そして、専門的なところから1つ

雨樋の詰まり は施工時にしっかりと取り除いてもらうことをお勧めします。

日常でなかなか出来ない事なので、これをやっておくと建物にいいので違いますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

外壁塗装を成功させるために

こんにちは(^^)

よく店頭やネットなどで見かける 「外壁塗装の必要性」 という小冊子があります。

まぁ どこも似たようなことが書いてあります

しかし、本当に 外壁の塗替えをしたい という方には読んで損はないと思います。

小冊子をパラパラとめくると

失敗しない外壁塗装はここがポイント!とか

外壁を触って白い粉が手に付いたら塗替え時です! など

的は得ているのですが、ありきたりな文言ばかりです。

今やホームセンターでも材料が買える時代です

しかも結構まともなものが揃ってますw(現役工事人の意見です)

そして、ホームセンターではリフォームも請け負っていますが(あまりお勧めしません)

塗替えをしたいお客さんというのは、

「気になっている」 が始まりで

「どうしたら?誰に聞けばいいかな?」 が衝動で

「安価に済ませたい」 「下手くそは嫌だ」 が悩みだと思います

そこで、私が思う

「外壁塗装を成功させるために抑えたいポイント」をご紹介します

①腕のいい職人を探す

結論から言うと、腕のいい職人はそうそういません、、

私の経験上、確率からいうと1000人に1人くらいじゃないかと思います。

本当にそんな確率です。まるで美男美女を探すかのように。

橋本環奈は1000年に1人らしいですが、、(余談ですw)

ではどうすれば?と言うと

現役の職人さんに聞く のが一番です

お知り合いや、現場監督さんなど複数人に聞くと名前が出てくる可能性があります。

腕がいい 又は 固い仕事をする など、情報が得られるはずです。

②業者選び

上記①の職人さんに直接依頼できればいいのですが、なかなかそうもいかない場合があります。

そんな時は、その職人さんが 属している会社 に相談してみましょう

ハウスメーカーや工務店に一人親方などで所属している可能性が高いので

そこで紹介をしてもらうことをお勧めします。

③相性

いくら腕が良くても 不愛想であったり 態度や言葉が乱暴で、マナーのない人だったら

こちらの言いたいことが伝えられません。(実際に居ます)

工事金額を含め、どこをどうしたら良いか?を相談できる方を、1人ではなく2~3人候補として探すと良いと思います。

最後に、個人的な意見ですが

ネット上やチラシで安売りしている業者とか

工事後のアンケートに大変満足がいっぱいなんて乗っけてる業者を当てにしない方がいいと思います。

読者さんの工事が上手く行きますように

読んでいただき有難う御座いました